エシレのバターの魅力がわからない

20140925
先日、フランス旅行帰りの職場の先輩から「エシレ」のバターをワンブロックいただきました。

私ははじめて知ったのですが、バターも冷凍できるのですってね。

ですから、たとえ印字されている賞味期限が過ぎていても、冷凍してあったバターならばなんら問題がないのだそうです。

私の周辺調べかも知れませんが、賞味期限はあくまで「要冷蔵」の目安であり、冷凍しておけば賞味期限はあまり気にしなくていいのだとか。

そういうわけで、フランス旅行帰りの職場の先輩は大量に冷凍したエシレのバターをお土産に持って帰ってきてくれました。

エシレのバターは数年前より、グルメの間では知られているほどに人気でしたから、私も名前ぐらいは知っていました。

しかしエシレのバターを食べたことがなかったので、もちろん今回、職場の先輩にお土産でいただきめちゃくちゃ嬉しかったです!

スポンサードリンク

だって、ワンブロック2千円もするバターですよ。

フランス旅行帰りの職場によると、現地ブルターニュ地方では、日本円にしても数百円程度であり、それほどまでには高級バターではないそうですが、しかし日本で購入しようとすると、関税やなんやでべらぼうに高くなってしまうようですね。

しかし、食を追求するセレブなマダムの間では、エシレのバターは大人気であり、私も30代とはいえやっぱり心は女子たるものですから、興味は持っていたのです。

しかし、雪印や四葉のバターよりも小さいブロックのサイズで4~5倍以上する値段ですからね。

そりゃあ、私のような庶民は買ったことはありませんよ。

さて、前置き説明が長くなったエシレのバターですが、肝心の味については…残念ながら庶民すぎる私には味の違いはよくわかりません…。

しかし、風味とニオイはやっぱりそこらのバターとは違うなーと感じました。

けれども、多大な期待をしていたエシレのバターですが、そこまでの感動はなかったような…。

しかし、ここまで話題になっているバターですから、私の舌が残念過ぎるのでしょう。

私ではもう二度と買えませんから、いい経験をさせてくれた先輩には本当に感謝です!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です