安いジャム

20150621
パンは私の好きな食べ物の一つで、菓子パンから食パン、フランスパンなど種類を問わずよく食べています。

中でも一番食べる事が多いのはなんといってもプレーンな食パンです。

ジャムやハチミツ、バターなど気分によって選んで塗るので味もいろいろ、全然飽きません。

いつも買っているジャムは近所のスーパーにある大容量で値段が安いブランドのものなのですが、先月たまたま入ったドラッグストアで、いつものジャムよりもさらに安いジャムを発見して「ラッキー!」とばかりに衝動買いしてしまいました。

それはブルーベリーのジャムで、蓋を開けてスプーンですくうとブルーベリーの粒がギッシリ入っていてリッチな感じでした。

スポンサードリンク

これは良い買い物をしたと感動したのですが、残念ながらそれは最初の数回だけ。

すぐに粒は皆無になって、ゼリーのような状態のジャムだけになってしまいました。

透明感のある紫色の、見た目はほぼ完全にゼリーです。

どうやらブルーベリーの粒が瓶の上の方に固まって浮かんだような入り方になっていたようです。

期待を裏切られた感じになってしまったのと、安いものにはそれなりの理由があるんだと思い知らされたダメージで、食べる気が段々無くなってしまいました。

でも捨てるなんてできないし、不満を感じながら食べるもの嫌です。

それで、発想の転換をしようと思いつきました。

「私が買ったのはジャムじゃない、ゼリーだ」と自分に言い聞かせたんです。

単純なもので、そう考えたらゼリーをパンにぬるなんてちょっとオシャレに思えるし、不満も感じなくなって、今普通に美味しく食べています。

我ながら単純な性格ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です