子どもの成長を実感する瞬間について

20150831
現在4歳と1歳の2人の子供がいる母親です。

親の目から見るといつまでも子供は小さい、幼いと思いがちですが、子供と言うのは親の行動をよく観察して、そして成長していると感じます。

4歳の娘は幼稚園に行ってお友達の影響もあり、最近はめっきり女子力が高くなりました。

長い髪の毛を毎日どうやって結ぶか、母親である私に注文してきます。

「○○ちゃんのようにして」とか、「○○先生のような髪がいい」と注文してきますが、その注文も細かくて、毎朝忙しい時間帯にイライラすることもしょっちゅうです。

スポンサードリンク

また家族で出かける前に母親である私が化粧をしているのを見て、自分も自分専用の大事な物を入れる箱の前に座り、あたかも化粧をするマネをしています。

夏はマニキュアやペディキュアい憧れ、母親である私と同じようにしてほしいと言ってきます。

誰が教えなくても女の子は自然に女の子らしくなるものだと感心すると同時に、服にしろ髪にしろ徐々に自分の好みがハッキリしてきているので大変な面もあります。

1歳の次女はそんな姉の姿を見ているせいか、幼いながらに自分の髪に髪ゴムを持ってきて「結んでちょうだい」と頼んだりします。

1歳なので結べるほど髪が長くないのですが、あたかも結んだようにするだけで満足そうです。

私自身、3歳上の姉がいますが、子供のころはしょっちゅう喧嘩しました。

しかし成長してお互い母親になると、姉妹と言うのは本当にいいものだと実感します。

我が子たちにもいつまでも仲良し姉妹でいてほしいと、常に思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です