顔面神経麻痺になった

20150315
顔面神経麻痺になって約半年…未だに完治していない。

右顔面が動かないから涎は垂れるし、食べ物も食べにくい。

麺類は特に食べづらくて、麻痺側の唇からピロピロと垂れ下がる…うがいするのも、麻痺側から水がピュッピュッと噴水のように飛び出る。

かろうじて普通にしていれば分からないけれど、笑うと左右非対称なのは明らか。

右だけを見ると、左は笑っているのに、右が動かないから人形みたいで恐い。

発症当時よりは動きは出てきたけれど、もう半年経っても完治しないてことは今後治る見込みは少ないんだろうな…女だから顔はとても気になる。

でも、どうこういっても仕方ない…普通にしていれば分からないのだから、それだけだけもマシなのかもしれないけれど。

スポンサードリンク

ひどい人は普通にしていてもひょっとこみたいな顔になってしまうらしい。

右顔面が動かないからか、筋肉が痩せ細っている。

だからと言って無理に動かしてしまうと病的共同運動とかいうものが出て、口を動かすと涙が出たりとか、後遺症を残してしまうことがあるらしい。

神経が修復される際に、間違って違うところにつながってしまうと起こるのだとか。

本当に厄介な病気!完璧に治るかも分からないし、いつ治るかも分からない。

いや、もう治らないかもしれない。

ずっとこんな変な顔で生きていかなきゃいけないと思うと本当に悲しくなる…笑った自分の顔を鏡で見るたびに、気持ち悪い顔!と嫌悪する。

とてもブサイクな顔。

だから出かけるときは必ずマスクをしているし、なるべく人とも話したくない。

はー、本当に憂鬱。どうにかならないものだろうか…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です