寒くて大変だった

20150411
長女が小学校に入って数日が経ちました。

今まで幼稚園バスは9時半過ぎにうちの前を通ったのですが、小学校は8時前に家を出なくてはいけません。

娘は元から朝早く起きているので、起きる時間は問題なくクリアできているようです。

一方私はといえば、今まではのんびり朝の支度をしていたのに、今ではあわただしく娘を送り出す、そんな生活にまだ慣れることができません。

おまけに朝、度の時間に次女の授乳が入ってくるかも分からないので、まだ生活のペースをつかむことができません。

そんなある日、まだ学校に慣れていない新一年生は午前中で帰宅してきました。

スポンサードリンク

家でお昼を食べ、のんびりしていたいところですが、幼稚園に卒園式の写真を申し込みに行かなくてはいけません。

この日は冷たい雨が降っていて、この時ほど車を運転できない自分を恨めしく思ったことはありません。

娘も本当は寒いから家にいたいけれど、幼稚園の先生にも会いたいから行く、と言います。

次女を家に置いていくわけにも行かないので、たくさん着込んで傍観して、次女を抱っこし、幼稚園へと向かいました。

幼稚園までは距離は大したことはないのですが、大きな橋を渡らなくてはいけません。

おまけに橋の上というのはいつでも風が強いもので、飛ばされないようにしっかり娘の手を握って歩きました。

同じ時間に申し込みに来ていた、同じクラスの子供たちと数人再会できて娘は喜んでいました。

晴れていたら園庭で遊んでも良かったのですが、雨が降っているし寒いので、早々に帰宅することにしました。

次女を抱っこで雨で寒くて疲れたので、帰りにコンビニによっておやつを買って帰りました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です